事例紹介

事例紹介

注目プロジェクトや
地域で活躍する人たちを紹介

地域のプロジェクトや
いきいき活動している人たちをご紹介。
興味があるプロジェクトや面白そうな人を
さがしてみてください。

週末は仲間と竹炭づくりに熱中!放置竹林竹炭プロジェクト

週末は仲間と竹炭づくりに熱中!放置竹林竹炭プロジェクト

『竹害』という言葉を知っていますか?

竹は、日本各地に広く分布し、我々の暮らしの中で、昔から様々なものに利用されてきました。

常緑で倒れにくく、生命力豊かで、まっすぐに伸びる竹は、古くから縁起の良い植物とされてきました。
静岡県内にも多く見られ、馴染みのある存在ですが、そんな竹が、里山の環境に悪影響を及ぼしていると言います。

静岡市を中心に、放置竹林の改善に取り組んでいる知久昌樹さんを取材しました。

中部
静岡放置竹林竹炭プロジェクト
環境
詳しくはこちら ▶
磐田市でこどもたちに愛あるお節介を!「幸せなおとな」を育てるキャリア教育

磐田市でこどもたちに愛あるお節介を!「幸せなおとな」を育てるキャリア教育

今回は磐田市のこどもたちを対象に「お仕事体験わくわくワーク」、「じぶんよのなか塾」、「夏休みわくわく寺子屋」などのキャリア教育を行っている「NPO法人キャリア教育研究所ドリームゲート」のご紹介です。
地域が一丸となって未来の「幸せなおとな」を育てるべく、こどもの学びとよのなかを繋げるプロジェクトの企画・運営をしています。
今回は代表理事の山浦こずえさんにこの取組みについてお話を伺いました。

西部
NPO法人キャリア教育研究所ドリームゲート
子育て・教育
詳しくはこちら ▶
スポーツで子どもたちが育つ環境を! 裾野を拠点にスポーツや農業体験を提供

スポーツで子どもたちが育つ環境を! 裾野を拠点にスポーツや農業体験を提供

裾野市や三島市など静岡県の東部地区を拠点に、スポーツ教室、ジュニアアスリート支援、農業体験などを行っているのが「一般社団法人Bambino sports LAB」です。

「地域から宝を!」をテーマに、子どもたちが世界へ羽ばたける環境を地域・家族・企業などが一緒になって作るサポートをしています。

今回は、Bambino sports LABが裾野の活動拠点として使っているコワーキングスペース「まほろばホーム」で、代表の生出道徳(おいでみちのり)さんにお話を伺いました。

東部
一般社団法人Bambino sports LAB
文化・芸術・スポーツ
詳しくはこちら ▶
釣り人発信から始まり、地域の方もみんなでゴミ拾い。静岡フィッシングボランティアグループが作ってきた景色とここから

釣り人発信から始まり、地域の方もみんなでゴミ拾い。静岡フィッシングボランティアグループが作ってきた景色とここから

毎月第2日曜日の朝1時間。釣り人のマナー向上と静岡の海を守る為、地元の釣りチームが中心となり、静岡フィッシングボランティアグループの仲間たちが各地の海で清掃活動を行っています。

清掃活動は、沼津フィッシングボランティアとしてスタートして今年で3年目。現在は県内3箇所で同時に開催されているのですが、さらにすごいのは、しまなみや宮古島など、静岡だけに留まらず全国でも開催されていること!100名近くの方が参加をされる回もあるなど、その活動は確実に広がり続けています。

今回は発起人であり、静岡フィッシングボランティアグループの代表も務める山田桂司さんに、立ち上げた経緯や活動の様子、ここからのお話を伺いました。

東部
静岡フィッシングボランティアグループ
環境
詳しくはこちら ▶
掛川市・西郷地区発。20代の若手理事長が牽引する『わくつなプロジェクト』

掛川市・西郷地区発。20代の若手理事長が牽引する『わくつなプロジェクト』

掛川市西郷地区で防災や環境問題に取り組むNPO法人『WAKUWAKU西郷』を関係人口ライターのJUNK itamuraが取材しました。

「自分が歳をとった時にも、あたたかな町で在り続けて欲しいので。」
そのような想いを抱きながら女性目線や子育て世代の防災などの企画実施している『わくつなプロジェクト』をご紹介します。

西部
NPO法人 WAKUWAKU西郷
まちづくり
詳しくはこちら ▶
まちが育て、まちを育てる。「みんなの図書館さんかく」

まちが育て、まちを育てる。「みんなの図書館さんかく」

焼津駅前通り商店街の空き店舗を活用し、新たなコミュニティづくりを進める場所にしようと誕生した私設図書館「みんなの図書館さんかく」を関係人口ライターの島田真梨子が取材しました。

中部
一般社団法人トリナス
まちづくり
詳しくはこちら ▶
話題の「走る(歩く)×拾う」SDGsフィットネス!プロギング浜松

話題の「走る(歩く)×拾う」SDGsフィットネス!プロギング浜松

散歩、ジョギング、マラソン。そんな趣味をお持ちの方や、
健康づくりに興味のある方にご覧頂きたい記事をアップしました。

スウェーデン発の新しいSDGsスポーツ『プロギング』をご存じでしょうか?

西部
プロギング浜松
環境
保健 持続可能な都市 海洋資源 陸上資源 実施手段
詳しくはこちら ▶
自転車の文化を根付かせたい! オリンピック選手も集う西伊豆の拠点に

自転車の文化を根付かせたい! オリンピック選手も集う西伊豆の拠点に

昨年の夏、静岡県では伊豆ベロドローム、伊豆MTBコース、富士スピードウェイがそれぞれ、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の自転車競技の会場となり、大いに盛り上がりを見せました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、海外・県外からの観光客は少なく、当初の期待を下回りましたが、「自転車でまちづくり」を掲げる静岡県東部エリアにとっては世界に伊豆の良さを発信するチャンスとなりました。

沼津市の駿河湾に面し、海と山に囲まれた静浦東エリアを拠点に活動する「NPO法人カケルバイク」にとっても、オリンピック・パラリンピックの開催は大きな契機となり、団体の活動を後押ししました。
サイクルステーションの運営や自転車関連のイベントを手掛けるカケルバイク代表の小野剣人さんに、団体の活動や自転車の魅力などを、小野さんが営むサイクルカフェ「チェレステカフェ」で伺いました。

東部
NPO法人カケルバイク
文化・芸術・スポーツ
詳しくはこちら ▶
日本一心踊る出会いが起こる場所。地域の未来を作る人を作る「みしま未来研究所」

日本一心踊る出会いが起こる場所。地域の未来を作る人を作る「みしま未来研究所」

みしま未来研究所は、コワーキング、レンタルスペース、そしてカフェと3つの機能をもつ、三島駅から徒歩10分の場所にある複合施設です。

立ち上げ時から大事にしている「地域の未来を作る人を作る」をベースにもちつつ、「日本一心踊る出会いが起こる場所」という、もうひとつの旗を立てることに決めたと話してくれたのは、事務局を務める近松さん。

現在一緒に運営に携わる「会員」と呼ばれるメンバーは40名以上。大学生から50代以上の方まで、職業も年齢も違う仲間が集います。
近松さん自身も、みしまびとでの出会いによって、人生が大きく変わったひとりなんだそう。

会員メンバーになって一緒に運営をしていく以外にも、施設内のカフェでボランティア店員をする、朝活などのイベントに参加をするなど、自分に合ったみしま未来研究所と関わり方を選べることも特徴のひとつ。

まずは一度、日本一心踊る出会いが起こる場所、みしま未来研究所へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

東部
NPO法人みしまびと
まちづくり
詳しくはこちら ▶
「野菜は自然語のかたまり」。無農薬無化学肥料農業をつらぬくホールアース農場が大切にしている「伝える農業」とは

「野菜は自然語のかたまり」。無農薬無化学肥料農業をつらぬくホールアース農場が大切にしている「伝える農業」とは

富士宮で1982年から活動を行っているホールアース自然学校。キャンプなどの自然体験プログラムはもちろん、2011年にホールアース農場を設立。2.5ヘクタールの畑では、無農薬、無化学肥料でお米と80種類近い野菜作りを行っています。

東部
ホールアース自然学校
交流・体験
詳しくはこちら ▶
地域の強みや課題を見直す機会に。世代を超えた交流が活性化

地域の強みや課題を見直す機会に。世代を超えた交流が活性化

倉真地区は掛川市の北東部に位置する中山間地域。戸数470戸、人口1600人ほどの集落です。人口減少と高齢化が進み、かつて500人いた倉真小学校の児童数は、令和4年度には52人にまで減少する見込みです。複式学級が目前に迫るなか、倉真地区まちづくり協議会では関係人口拡大につながる事業を主軸に活動しています。

本記事では、ふじのくに関係人口創出・拡大のモデル事業として令和3年度にスタートした「静岡県に山村留学を!倉真地区の魅力を活かした関係人口の取り組み」について、倉真地区まちづくり協議会の横地静雄さんと原田淳子さん、「里山留学」 in 静岡の天野多美子さんと橋本貢さんにお話をうかがいました。

西部
倉真地区まちづくり協議会
詳しくはこちら ▶
外からの視点で気づいた新たな価値。プロジェクトの成功の秘訣は相互に幸せであること。

外からの視点で気づいた新たな価値。プロジェクトの成功の秘訣は相互に幸せであること。

2013年、大学生と若手社会人を中心に立ち上げたNPO法人ESUNE。あらゆる主体と連携・協働したさまざまなプロジェクトの創出、コーディネートを通じて、一人ひとりが持つ可能性と、あらゆる組織が持つ可能性を引き出し、未来社会を想像・創造することをミッションにしています。
ふじのくに関係人口創出・拡大モデル事業(以下、県の事業)で取り組んだ「ふじのくにに新しい風景を。新風景のつくり手・支え手プロジェクト」の中でも、大きな成果をあげた「むかし田舎体験 水車むら」の取り組みについて、副代表の斉藤雄大さんにお話を伺いました。

中部
NPO法人ESUNE
まちづくり
詳しくはこちら ▶